ブログ
ビジネス

クリエイティブな空間が、アイディアをつくる

2019-03-28

「目先の仕事が忙しく、未来を考えられない。」
「落ち着いて物事を考える余裕がない。」
そんな人には、環境を変えることをおすすめしたい。


「アイディアの量は、天井の高さに比例する*1」という研究がある。
開放的な空間の方が、自由にものごとを考えることができるらしい。
天井が高いほど、アイディアは出やすい。
クリエイティブな状態を、環境によってつくることができる。
(*1メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』かんき出版、2016)


特におすすめしたいのが、カフェや図書館などで、月に1回ゆっくり時間を過ごすこと。
実際に私が毎月よく訪れる場所がある。
大阪梅田にある蔦屋書店だ。


ふと本を手に取るだけで、自分が深層心理で、今何に興味を持っているかがわかる。
コーヒーを飲みながら、思いついたことをノートに書き、ゆったりとした時間を過ごせる。
様々な人たちの、新しい発想や考え方を知ることができる。


自宅や職場に引きこもると、とてもこんな状態にはならない。


アイディアというと、企画やプロジェクトのことだと思いがちだが、私の場合は「どう人生を生きるか」ということをよく考える。
現在の自分の立ち位置、これから何をしたいか、将来をどうするか。
多忙であればあるほど、そういう時間は貴重だ。
日常にのまれると、自分の生きたい人生を目指すことは難しい。


このとき気をつけているのは、ノートPCを持っていかないこと。
Web制作という仕事がら、PCがあるとつい仕事の連絡を見てしまう。
タイピングではなく、ノートに書いた方が発想はより柔軟になる。


また、可能であれば休日ではなく、平日に行くこともおすすめしたい。
平日は空いているので、よりゆっくりとした時間を過ごせる。
休日子どもの面倒を見ながらだと、とてもクリエイティブな時間はとれない。


忙しいなかでこの時間を取ることは難しいのだが、それだけに貴重な機会になる。
会社で今までにない取り組みをたくさんできるのは、間違いなくこの時間があるからだ。


よいアイディアが出ないのは、能力や努力が不足しているからではない。
アイディアがでるクリエイティブな空間にいないからだ。
「自分の人生を生きたい」と思ったら、自分だけのお気に入りの場所を見つけてみてはどうだろうか。

 

一覧へ戻る

Contactお問い合せ

その悩み、プラソルに
相談してみませんか?

制作に関するご質問、お見積もりに関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ・お見積もり

お電話でのお問い合せも受け付けております。
お気軽にお問い合せください。

06-6441-3341受付時間:平日9:00~18:00