ブログ
デザイン

新人WEB担当者に贈る、フリー素材サイト利用時のポイント&厳選4サイト

2017-12-26

ホームページを制作するのに、綺麗な写真・イラストを使いたい、でもプロのカメラマンやイラストレーターに依頼する予算はない…。

そんな時、どうしていますか?

Googleの画像検索で欲しい写真素材を探すと、それがフリーで使用していいものなのか、商用利用は可能なのかが分からず、利用規約ページを探し回って時間を浪費してしまう…。

また最近では、素人でもiPhoneで一定のクオリティの写真が撮れるようになってきていますが、やはりプロが撮る写真に比べると、見劣りしてしまいます。


そんな悩みを解決するには「フリー素材サイトを利用する」という方法をオススメいたします。

フリー素材サイトを利用すれば、手軽に、しかも無料でハイクオリティな写真素材が使用できます!

今回はそんなフリー素材サイトのご紹介と、フリー素材サイトを利用する時によく聞く、「ロイヤリティフリー」「商用利用」など、今さら聞けない単語に関して解説します。

そもそもなぜネットの写真を勝手に使っちゃいけないの?


Googleの画像検索をすると、インターネットにアップされている写真やイラストが山のように表示されると思います。


とっても素敵な写真やイラストを見つけて、それを使ってみたい!という気持ちは分かりますが、それがフリー素材ではない場合、「著作権侵害」問題が発生します。

「他人が作成したもの(著作物)は無断で利用できない、利用するには著作者に合意を得るか、限定された範囲(引用 他)で利用する」


というのが、著作権の基本にあります。

いくらインターネットにアップされているからと言って、その写真・イラストの著作権がなくなっているわけではなく、利用するには著作者に許可を取る必要があります。


これを怠ると、「著作権侵害」で懲役や罰金の刑事罰が科されることがあります。

インターネットが普及して、アップロードされている画像をついつい気軽に使ってしまいがちですが、きちんと確認しましょう。

「ロイヤリティフリー」ってなに?


写真素材を探していると「ロイヤリティフリー」という言葉をよく目にしませんか?


「著作権フリー」と勘違いしている方がいらっしゃいますが、意味がかなり異なり、トラブルの元になる場合もあるため、正しい意味を覚えておきましょう。

「著作権フリー」とは、そのまま「著作権が放棄・消滅している」事を意味します。


「ロイヤリティフリー」は、「一度使用を許諾されれば、使用許諾の範囲内で何度でも複数用途に使用できるというライセンス」という意味です。

ロイヤリティフリーは、著作権がフリーになっているわけではないので、要注意。

また、「フリー」とついているからと言って無料で使えるもの、というわけでもなく、多くの場合「本来なら使用の度に使用料をもらうけど、最初に利用権利を買ってくれれば、そのあとはずっと無料で使っていいですよ」という意味で使われている事が多いので、こちらも注意が必要です。

「商用利用」ってなに?


では、「商用利用」とは何でしょう?


一般的には「(個人・法人に関わらず)利益を得る目的で、利用する」ことを意味しており、「企業サイトでの利用」も含まれます。


また、フリー素材サイトによっては、アフィリエイトで広告収入を得るサイトでの利用も「商用利用」とされる場合がありますので、判断に迷う場合はサイト管理者にご確認ください。

利用の際は必ず『利用規約』を確認!


今まで解説してきた線引きも、各サイトによって判断基準が異なる場合があります。


その場合を考え、利用前には必ず「利用規約」を読みましょう!


素材使用の際の決まりごとは全て「利用規約」に記載されていると思いますが、規約に記載がない特殊なケースでの使用をされる場合は、自分だけで判断するのではなく、必ずサイト管理者に確認の上、使用してくださいね。

また、規約は「長文で読むのが面倒くさい」という方もいらっしゃいますが、後々にトラブルが起こった場合、時間を浪費するだけではなく、実際に懲役や罰金が科される可能性もあります。
面倒くさがらず、必ず読みましょう!

ハイクオリティなフリー素材サイト4選!


さて、色々と解説してきましたが、本題です。


今回は「無料」で「商用利用可能」なフリー素材サイトをご紹介します!

人物写真が充実!「PAKUTASO/ぱくたそ」



https://www.pakutaso.com/

・ユーザー登録不要
・利用方法によって、クレジット表記が必要な場合あり


人物写真のフリー素材サイトと言えばこのサイト、と言っていいほど有名なサイト。


複数のモデルがおられ、かなり豊富な場面想定があり、利用シーンも幅広いです。

もちろん人物写真以外もかなり用意されています。


また、時事ネタに素早く反応したり、企画もいろいろと展開されているので、眺めているだけでも楽しいサイトです。

写真AC



https://www.photo-ac.com/


・ユーザー登録必要
・クレジット表記不要


人物写真から風景写真、パターン素材まで、とにかく種類が豊富で、このサイトに来れば欲しい素材はだいたい見つかるのではないでしょうか?


クリエーター別に表示することもできますので、サイト内で写真のテイストを合わせたい、という場合にも重宝されます。

姉妹サイトとして「イラストAC」というサイトがあり、こちらは様々なイラスト素材が用意されています。

足成



http://www.ashinari.com/


・商用利用可
・ユーザー登録不要
・クレジット表記不要


こちらのサイトもかなり昔から存在しているフリー素材サイトで、全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を、写真素材として提供してくれています。


ただ、人物写真に関してのみ、モデルリリースを取得している写真と取得していない写真で取り扱いが異なりますので、必ず規約をご確認ください。

food.foto



https://food.foto.ne.jp/


・商用利用可
・ユーザー登録不要
・クレジット表記不要

今までのサイトとは違い、こちらは料理や食材など、食べ物を専門的に取り扱うサイトです。


以外に使うシーンが多いジャンルの写真ですが、ここまでクオリティが高い写真を提供してくれるサイトは、なかなかないと思います。


また、食器や飲み物の写真も多くありますので、グルメ系のサイト制作時にとても役に立つのではないでしょうか。

まとめ


ホームページのクオリティを決めるといっても良い「写真」。

いちいち画像検索で膨大に表示される中から探し出すのではなく、こういった素材サイトをいくつか覚えておくだけでも、無駄な時間をかなり減らすことが出来ます。


便利なサイトですが、利用の際は必ず決められたルールを守って使用してくださいね。

一覧へ戻る

Contactお問い合せ

その悩み、プラソルに
相談してみませんか?

制作に関するご質問、お見積もりに関することなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ・お見積もり

お電話でのお問い合せも受付ております。
お気軽にお問い合せください。

06-6441-3341受付時間:平日9:00~18:00